地立塾-SCAT-

アクセスカウンタ

zoom RSS SCATに欲しい力

<<   作成日時 : 2006/11/02 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

それは生きる力です。

夢は一長一短で叶えられるものではありません。

でも、夢はいつまでも夢ではなく「現実」にすることは可能なんです。
ただそこに、必要なモノは、天(時)・人(努力)・地(場所・環境)が揃わなくてはなりません。

ワタシが建築の仕事を離れて、自分探しをしているとき、占いや前世やインナーチャイルド、ヒーリング...
ありとあらゆるものを試しました。

生きる糧としてタロットを選びました。
適していたからです。

タロットを選んで、学んで、環境を整えて、時を待った結果が今です。


例えば、100mの山を登り切るのがあなたの夢だとしましょう。

夢の一番肝心なのは、何を「夢・希望・ゴール」とするか。
これが無いと天・人・地の以前の問題です。

自分はどの山のどれくらいの高さに行きたいのか...これが無いとだめ。

そうして、夢を設定したら、一番最初に出来ることは「人」を高めること。
自分で努力して研究して、前向きになって、自信をつける。

どんなに良い運気(天)やいい場所(地)に居てはっても、この「人」の部分が無いとスグに崩れる。

そうして自信をつけて、いい場所に行く。これが「地」。
いい場所って、風水的に氣の良いだけではなく、人の良いところ、自分の心地良いところ、
住み易い環境や、自分の人脈(環境)を作るのです。

どんなに努力して、いい運気に乗っていても、活躍する場所が悪かったり、つき合う人の程度が低いと、これまた崩れる。

最後にやるだけの事をやって、天命を待つ。つまり運気が自分に巡ってくるのを伺うのです。
人間にはサイクル(バイオリズム)が必ずあります。
そのバイオリズムに逆らって生きても、エネルギーの逆行になるだけで、苦しいだけ。

目標を持って、努力して、いい環境を作っていたら、あとは流れに乗る。

この3つが上手く揃って初めて「夢が叶う」んです。

天・人・地の全部そろっていなくても夢が叶ったように見える時があります。

でも、それは100mの高さを登ったのではなく、80mだったりするんです。
80mが悪いと言うわけではありませんよ?

80mで満足して、また新しい山を設定して、また新しい目標を作るもよし。
その上の100mを目指すもよし。

登りたい山を設定しても、どう登りたいのかわからないと泣き崩れる人、
自分で設定した100mが高すぎると卑下する人、
途中で引き返して、もう山は登らないって言う人、
山が見えないと言う人...

こんな人が多いんです。それでタロットを求めて来て、まただめなら又タロット...

ここからが肝心です。

別に山に登らなくてもいいのです。

登ると決めたなら登り切るために天・人・地のバランスが必要っと説いているだけ。

山に登らず、平坦な平地を歩くことを選ぶ..大いに結構。
山に登るとしても自分の体力を考えて50mの目標にする..大いに結構。

要は自分のことは自分で決めて欲しいんです。

決めたなら出来るだけ前向きに歩く。

疲れたなら休む。

行きたくなくなったら戻る。

自分で決めて下さい。

そうすると「生きる」って実感が湧いてくるんですよね。
足がつったように痛いのは生きている証拠。
そんな風に歩いているとどこかが必ず痛くなる。
アキレス腱を切ったんやったら無理して登ることはない。
下山して、海に行くのもいい。

状況に応じて自分で考えていきる。
その時の指針としてなら、いくらでもお話させてください。

タロットでこうなったからこうなる...
前世はこうだったから、今もこう...
自分の性格はこうだから、変えられない...

こんな人生、おもろいですか?...ワタシならNOです。

生きてみましょうよ?自分で。

仕事、恋愛、結婚、生き甲斐、家庭...
どれも今の世を生きて自分で選択してきた結果なんです。

それはすごく尊いこと。卑下する必要はない。

失敗しても、つまずいても、やってみようやないですか?
やらんよりずっとまし。
失敗して学ぶためにこの世に生まれたんですからね...

生きるコンパスを、タロットや占いなどに頼るんではなく、
前世や自分の性格に依存するんではなく、
自分の魂にしっかりと聞いて、やりたいこと、生きたい方法、なすべきこと、やってはならないこと..
自分の魂に問うてください。

その魂の部分のお手伝いならLa Force-SCAT-は喜んでいたします。

で、一緒にこの世のこの日本に生まれてシンクロしながら生きているみんなと楽しく生きましょうよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SCATに欲しい力 地立塾-SCAT-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる